www.sojirushi.com > shop.sojirushi.com

掃印 公式オンラインショップ


商品カテゴリー

カート


掃印Webサイト


掛け無精ほうき+ひもはりみ[大]セット

掛け無精ほうきの特徴

穂幅を狭めて、コンパクトに編み上げた箒です。

ワンルームや、1部屋・2部屋程度のご利用や、テーブルの下や家具と家具の隙間、または階段といった、「ちょっと掃き」「ポイント掃き」用の箒として、ご利用頂ける箒です。掃除機を出すまでもない時に、こうした「コンパクト」で「小回りの効く」箒があると、とても便利です。

フローリング・畳は勿論、絨毯・カーペット等幅広くご利用頂けます。

まずは「ほうきを暮らしに取り入れてみようかな」という方には、最適な一本です。

お手入れ方法

未使用時には(収納時)は必ず「掛けて」、吊り下げてください。立てかけて置いてしまうと、穂先に負荷がかかり、穂先に「クセ」がついてしまいます。

この「ステッキ」の柄は、棚・ドアノブ・椅子の背もたれ等々、室内のさまざまなシチュエーションにおいて、引っ掛けて・吊り下げられやすくなっています。結果、ホコリやゴミが気になるときに箒が取り出し易くなりますし、かつインテリアの点からも、「掛けほうき(掛け無精ほうき・掛け重宝ほうき)」が、室内における「風景となるような道具」になって頂ければ、と考えております。

使用年数・耐用年数に関しましては、「使い方・使用頻度」にもよりますが、3〜5年程使うと、穂先に「掃きグセ」がつき、草の繊維がナナメになったり偏ったりする場合があります。「掃きグセ」を修正する場合は、霧吹き等で草に十分な水分を含ませ、草が潤っている状態にしてください。草の繊維が柔らかくなりましたら、「手串」の力を加え、まっすぐに草を整えてあげて下さい(寝癖を直す要領です)。完全に復元する訳ではありませんが、かなり「クセ」は修正されます。

また長い使用によって穂先がちびて(減って)、掃きゴコチに物足りなさを感じるようになりましたら、前髪を切り揃えるように、穂先をハサミで切り揃えてください(普通のハサミで結構です)。そうしますと、穂先が綺麗に揃い、「コシ」・「掃きゴコチ」が戻ってきます。

穂先を整え、切り揃え、だんだんと穂の長さが短くなってきますと、「コシ」がぐっと出てきます。お買い上げ時から、「半分、もしくは三分の一」程度まで「使い切る」ことのできるものです。最後は庭掃きや玄関掃きとしてお使いください。量販店等で販売しております「外掃き用」の箒よりも、ずっとよく使えます。

最終的には3年から5年、大事に使って限界まで使いきること考えれば、10年(もしくはそれ以上)は「ほうき」としての機能性は保持できるものと考えております。

ステッキ柄の原材料である「籐」は大変頑丈な素材です。十分に使い切った箒に関しましては、ステッキ柄はそのままに、穂先の新たな「編み直し(新品穂先交換)」も承っております。

原材料について

ステッキ柄は軽く・頑丈な「籐」を採用しております。手に取った際の最適なグリップ感や柄の曲がりの角度等、「疲れにくく」「見た目」に もスッキリと感じて頂けるようデザインしました。

原材料のホウキモロコシに関しましては、インドネシア産のものを使用。可能であれば国内産の草を使用したいところですが、現在国内のホウキモロコシの生産量はとても少なく、生産者の高齢化など栽培環境も大変厳しくなっています。また人件費等も含めた生産コストも非常に高くつきます。

インドネシアは日本との交流が昔から盛んで、長年に渡り日本用のホウキモロコシを栽培する文化、そして箒を編み上げる技術がしっかりと根付いています。

「箒」は日々使い・消耗していく「生活道具」です。生活に取り入れやすく・手に取って使って頂ける価格を提示するためにも、良質な「インドネシア産」の原料草を採用し、さらに職人による丁寧な選別を加えることにより、価格と品質の適正なバランスを考慮し製作に励んでいます。

職人について

箒職人 鈴木 徹

「掛けほうき」「掛け不精ほうき」「掛け重宝ほうき」の製造を担当している職人・「鈴木徹」。

10年以上にわたり東京・京橋にある「白木屋傳兵衛」にて修業し、独立。
現在は郷里の愛知・津島にて箒の製造に励んでいます。

「丁寧で謙虚な仕事を心掛けています」

掛け無精ほうきの詳細

サイズ:全長約73cm×穂幅約20cm×柄の長さ約30cm
原材料:柄(籐・日本製)、ホウキモロコシ(タイ及びインドネシア産、愛知・津島製)、麻糸(日本製)

ひもはりみの特徴

厚紙と竹ひごで型を作り、表面に柿渋を塗って仕上げた和風(紙)のちりとりです。 柿渋は防虫・除虫効果があり、また静電気が起きないため、ゴミが表面に纏わりつきません。プラスチック製のちりとりに比べ、サラサラっと非常にゴミ離れのよいちりとりです。

最後にゴミ・ホコリを「はりみ」に掃き入れる際は、親指でゆっくりと上から押さ付けて下さい。そうしますと、婉曲した間口が床にピタっとくっつき、ストレスなく、ゴミ・ホコリを掃き入れることができます。

柿渋の質により、「塗りムラ・塗りシミ」がはりみの表面に浮き上がる場合がございます。 手作業によるもので、決して不良品という分けではございません。ご使用頂く分には全く問題はございませんので、少々見栄えは悪くとも、「完全手作業品」ゆえのものとして、ご了解頂ければ幸いです。

また一年程使い込むと、表面がケバだってきます。ただ古雑誌や新聞の切り抜きを貼り合わせることで、修繕し補修を重ね、長く使うことができます。また「見た目」が相当ボロになっても、「集めたゴミ」を「ゴミ箱」にストレスなく捨てられる、その「機能性」は保つことができる「ちりとり」でもあります。

「大」は間口が30cmほど。「掛けほうき」もしくは「掛け重宝」程の穂幅のほうきでしたら、「大」が効率よく、ゴミを掃きいれることができるでしょう。

柿渋の塗り・仕上げは神奈川・三崎の工房にて手掛けております。

ひもはりみ[大]の詳細

サイズ:全長約28cm×間口約30cm×高さ約10cm

原材料:紙(中国産・日本製)、竹(中国産・日本製)、柿渋(日本・三重産)

 

掛け無精ほうき+ひもはりみ[大]セットの購入

型番 013
販売価格 7,700円(税700円)
購入数
Yahoo!メール等のフリーメールをお使いのお客様へ
当店からのメールが届かないとのご報告をいただいております。 上記メールをお使いのお客様は、各メールの設定にて迷惑メールの解除等設定をお願いいたします。
詳しくはこちらをご覧ください


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける