www.sojirushi.com > shop.sojirushi.com

掃印 公式オンラインショップ


商品カテゴリー

カート


掃印Webサイト


掛け重宝ほうき

【特徴】

ほうき草を簡素に頑丈に編みあげた、中柄タイプの箒です。

ほうき草を編み上げるのではなく、簡素に・頑丈に束ねて製作する故に、作業効率が高まり、草の量は多く付いているのに関わらず、リーズナブルな価格にて提供できる形になっています。

束ねただけの形状ゆえ「重さ」はありますが、ステッキ柄の長さを「中柄」に設定することにより、コシを屈めずにすみ、両手で掃くことが可能です。「疲労度」もさほど感じることのない仕様になっています。

【お手入れ方法】

使わない時(収納時)は必ず「掛けて」、吊り下げてください。立てかけて置いてしまうと、穂先に負荷がかかり、穂先に「クセ」がついてしまいます。その点この「ステッキ」の柄は、棚・ドアノブ・椅子の背もたれ等々、室内のさまざまなシチュエーションにおいて、引っ掛けて・吊り下げられやすくなっています。結果、ホコリやゴミが気になるときに箒が取り出し易くなりますし、かつインテリアや見た目の点からも、「掛けほうき(掛け無精ほうき)」が室内における「風景となるような道具」になると考えております。

使用年数に関しましては、「使い方・使用頻度」にもよりますが、3年程使うと草に「掃きグセ」がつき、草の繊維がナナメになったり偏ったりする場合があります。「掃きグセ」を修正する場合は、霧吹き等で草に水を含ませ、草が潤っている状態から「手串」で、まっすぐに草を整えてあげて下さい。大体において、「まっすぐ」なカタチに戻ります。

また長い使用によって穂先がちびて(減って)きましたら、前髪を切り揃えるように、穂先をハサミで切り揃えてください(普通のハサミで結構です)。そうしますと、面が綺麗に揃い、「コシ」・「掃きゴコチ」が戻ってきます。

穂先を整え、切り揃え、だんだんと穂の長さが短くなってきますと、「コシ」がぐっと出てきます。お買い上げ時から、「半分、もしくは三分の一」程度まで「使い切る」ことのできるものです。最後は庭掃きや玄関掃きとしてお使いください。量販店等で販売しております「外掃き用」の箒よりも、ずっとよく使えます。

最終的には5年から7年、大事に使って限界まで使いきること考えれば、最長10年は「ほうき」としての機能性は保持できるものと考えております。

【原材料について】

ステッキ柄は「軽く」・「頑丈な」日本製の「籐」を使用しております。手に取った際の最適なグリップ感や柄の曲がりの角度等、「疲れにくく」「見た目」にもスッキリと感じて頂けるカタチを採用しています。

ホウキグサに関しましては、タイ、インドネシア産のものを使用。可能であれば国内産の草を使用したいところですが、現在国内のホウキグサの生産量はとても少なく、生産者の高齢化など栽培環境も大変厳しくなっています。タイ、インドネシアには長年に渡り日本用のホウキグサを栽培する文化が根付いています。掃印は、生産量の極めて少ない「国内産ホウキモロコシ」にこだわるよりは「コシ」があり「折れにくい」良質なタイ、インドネシア産の草を使ってきたいと思っています。江戸箒の伝統的な作り方では、しっかりとしたホウキグサを選別し、更に内外に使う草を変えるなどの工夫をしています。これにより独特のコシが出ますが、そのためにも豊富な原材料が必要です。

より安定した品質で皆さまに箒をお届けしたい、またより多くの皆さまに良質な箒を「使って」いただきたい。 掃印はそう願っております。

【職人について】

箒職人
鈴木 徹

掛けほうき・
掛け無精ほうき 担当

【詳細】

サイズ:全長約115cm ×穂幅約25cm ×柄の長さ約68cm
原材料:柄(籐・日本製)、ホウキモロコシ(タイ及びインドネシア産、愛知・津島製)、
麻糸(日本製)

欠品中

型番 010
販売価格 6,480円(税480円)
Yahoo!メール等のフリーメールをお使いのお客様へ
当店からのメールが届かないとのご報告をいただいております。 上記メールをお使いのお客様は、各メールの設定にて迷惑メールの解除等設定をお願いいたします。
詳しくはこちらをご覧ください


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける